TOP奈良県の取組 ≫ 奈良県自転車利用ネットワークづくりガイドライン

奈良県自転車利用ネットワークづくりガイドライン

国から民間団体まで様々な主体が取り組む「自転車利用ネットワーク」づくりにおいて、わかりやすく安全・快適な自転車利用ネットワークを構築するため、県独自の考え方や基準を取りまとめた「奈良県自転車利用ネットワークづくりガイドライン」を策定しました。

広域的な自転車利用ネットワーク整備の基本的な考え方
  • ○短期(概ね3年間)
    早期に実施可能なサイン設置や道路の小規模改良等により、安全性・快適性を向上させ、ネットワークの早期概成を図ります。
  • ○中長期(5~10年間)
    道路改築や、道路空間の再配分を伴う「自転車走行空間の整備」により安全性を向上させるなど、ネットワークの更なる充実を図ります。
サイン設置の基本的な考え方
  • ・ネットワークの快適性、安全性を向上させるために、「案内誘導サイン」ならびに「注意喚起サイン」を設置します。
  • ・「注意喚起サイン」は、自転車利用者に対するものだけではなく、自動車ドライバーが自転車の存在に注意するサイン等も設置します。
奈良県自転車利用ネットワークづくりガイドライン