TOP県内全域を楽しむ ≫ [T7]巨勢ルート

[T7]巨勢ルート

大和朝廷が日本の中心であった時代、大和西南部を本拠地としていた巨勢氏一族の本拠地があった御所市。
万葉集にも名を残す「巨勢の道」は長閑な風景の中に古墳や遺跡が溢れています。

起終点御所→下市(御所市柏原~吉野郡大淀町)
ルート延長約12Km
獲得標高上り:151m 下り:105m
最大標高差150m
想定所要時間46分
みどころ市尾宮塚古墳/安楽寺/坂合黒彦皇子墓/石塚遺跡