TOPならクリストボイスならの自転車名人 ≫ 第8回「遠藤ゆずなさん」

第8回「遠藤ゆずなさん」

  • 遠藤ゆずなさん

    子育てとお仕事を両立しつつ自転車も楽しむ名人。旦那さんを巻き込み、家族で大会に出ることも。興味を持ったことにはどんどん挑戦する、フットワークの軽い自転車乗りです。

    ■自転車に乗るきっかけ
    2度の出産を経て仕事に復帰し健康維持のため運動しようと思ったことがきっかけで、家から駅までなんとなく乗りはじめたクロスバイク。
    子どもさんをストライダー(ペダルがなく足で地面を蹴って進む自転車)で遊ばせていたところストライダーのレースがあると教えてもらい、出場させて応援していたら自転車がとても楽しそうに見えたのだとか。
    自転車乗りの弟さんに相談すると、マウンテンバイクをすすめられ、準備期間の短さに心配されつつも、乗り始めて2ヵ月後のシクロクロスの大会に出たところ、楽しさに夢中になったといいます。
    山に行ったりいろんなレースに出たりしている内に、友達がどんどん増えていったそうです。マウンテンバイクだと担ぐときに大変なのでシクロクロスの自転車も買って、今では3台持ちに。距離が決まっておらず好きなポイントを通過していくオリエンテーリングのような大会など、家族全員で参加することもあるそうです。

    ■しんどいけど乗る
    神社やお寺のある「昔の奈良」、木や土の匂いのする「山の景色」などの場所を走るのが気持ちいいと語る遠藤さん。
    グランフォンド吉野でショートコースに挑戦したときは、渓流の見える杉の木立の林道などいつもと違う景色に新鮮さを感じたそうです。しんどかったけどまた走りたいなぁと、仲間と一緒に今度はロングコースへの挑戦も検討中なのだとか。しんどいけどやりたくなるのは、奈良の歴史や自然と自転車の爽快さが絶妙なバランスで成り立っているからでしょうか。春日大社や若草山、室生寺ルートのあたりなど遠藤さんには走ってみたい場所がたくさんあるといいます。
    そんな遠藤さんのおすすめは秋篠ルート富雄川ルート。道も広くておすすめのお店も多く、寄り道しながら楽しむのにも向いているそうです。

私流!奈良自転車の楽しみ方
  • アメとムチならアメをおす!目的を持って走る!
    奈良はどこを走っても起伏があって楽しいですが、目的があるともっと楽しいですよ。
    自転車仲間から聞いたスイーツ屋さん、おいしいパン屋さん、途中で見つけたお花屋さんや小洒落たお店をのぞいてみたり。誰かと一緒に大会に参加したいときは、「エイドステーションでおいしい地元の名産品を提供してもらえるよ」という誘い方をするといいですよ(笑)。
    おいしいお店を巡るグルメライドをする人もたくさんいるし、自転車に「きつそう」というイメージを持っている人にいろんな楽しみ方があることを知ってもらえたらなと思います。
  • 上りがあるなら下りがある!寄り道しながらのんびり下る!
    自転車にあまり乗らない人なら、レンタサイクルを借りて週末レジャーで楽しむのがおすすめ。
    ほとんどが下りのルートだと、体力いらずで子ども連れでも安心。きれいな景色を見ながらのんびり下りつつ途中で観光やおいしいものを食べて、なんて楽しみ方ができちゃいます。乗り捨てのできるレンタサイクルをうまく利用するといいですね。奈良には世界遺産も緑もたくさんあるので、いい刺激になると思いますよ。